WEBM-JAPANの存在の耐えられない軽い歩み。

1997年6月ユキヒロギャラガーが渋谷ON AIR NESTにて主催していたイベント「Free Style Seq.Night」にヒロカズエモーションのバンド「ワカイヤングス」が出演初共演を果たす。

1998年コミュニティFMの音楽番組にてユキヒロギャラガーがレギュラー出演開始。

1999年1月「ワカイヤングス(ヒロカズエモーション&カズーマンヤング)」がユキヒロギャラガーからオファーされゲスト出演、その後準レギュラーになる。

2000年ヒ ロカズエモーションが「インターネットストリーミングブック(翔泳社)」巻頭のモーリー・ロバートソンさんのインタビュー記事に感銘を受け、ネット上での 音声配信に限りない可能性を感じ「WEBM-JAPAN(ウェブエムジャパン)」を立ち上げ自身のネットラジオ番組を開始する。

2004年小田急相模原に居を移していたHEY!ヨースケが「WEBM-JAPAN(ウェブエムジャパン)」に参加。同年12月某Mac誌上にて「ポッドキャスティング」の存在を知る。

2005年1月テスト運用中だったポッドキャスト対応の音声ブログサービス「ケロログ」にてポッドキャスト番組を開始。その後、各種ポータルにて色々な番組を立ち上げ、2015年1月ポッドキャスト開始10周年を迎える。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう