目の前で起きたことをきっかけに、僕は思うことになります。少しだけ感じるように引かれた境界線について。