人と人を繋げる仕組みが、僕が生きてきた昔よりかは多くあるようですが、そんな仕組みが入り込んできている「日常。」に悶々としているワケなんです。