メンバーそれぞれがそれぞれの「音楽人生」を過ごしてきました。長い時間をかけて大きく変わったことと何も変わらないことがあったりします。そんな話を大胆かつ雑に盛っています。いつでも僕の側には音楽がありました。