何の脈略もなしに突然やってくる「最後の質問。」そんな「大事な問いかけ。」に僕は答えられていたのかな?