ちょっとお疲れの「おてぃんてぃん。」は、積極的になおかつ優しく励ましていきましょう。