「日本の・・・。」って例えるのはもう止めましょう。でも止める前にもう一度、考えてみましょう。