「悲しみという名のカノジョ」「カノジョという名の悲しみ」その「悲しみ」をスベテ受け止める師匠。