大事なのは限界の一歩手前の部分。それを見切れるのは、まさに師匠だけ。