ヒロエモ、人生最悪の時、あの音楽に助けられました。