「どっちがいいですか?どっちもいいなー。さあ、ドッチーモ!」