あんなに濃密な時間を一緒に過ごしたのに、すぐに気付くことのできないHEY!たんを許してあげてください。