どんどん弾いた気になっていきましょう。