年下の前では年上、年上の前では年下である。そんなあやふやな荒波をぼくらは乗り越えていかなきゃいけない。